スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちゃーちゃんとししまるさんに。

以前何度か記事にも載せた事がある、実家の猫、ちゃーちゃんが虹の橋に行きました。

先に行ってる兄弟猫、ししまるさんと今頃合流しているはずです。











SANY0015.jpg

享年21歳。

大往生でした。




ちゃーちゃんもししまるさんも、2匹とも、私が高校生の時に、我が家の押し入れで産まれました。

一番貧弱でもらい手が無さそうだから、と家に残したししまるさんは、10kgを超える立派なデブ猫に育ち、16歳まで長生きして虹の橋へ行きました。世界一性格のいいカワイイ甘えん坊な猫でした。

それからもう5年。
ちゃーちゃんは、一番ぶちゃいくでもらい手が無さそうだから、と残したのですが、小ぶりでチャーミングなお姫様に育ちました。大きな病気一つせず、最期はお母さんに抱っこされて亡くなりました。おばあちゃん猫になっても、お姫様のまんまでした。

2匹とも、最期の時を家族が見送ることができて本当に良かった。

うちにはもう一匹、お父さんが拾って来ちゃった捨て猫のハナちゃんもいるし、悲しんでる暇は無いのです。





ペットを迎えると、彼らは家族の一員となり、かけがえのない存在となります。
ペットは、沢山の癒しや愛を私達に与えてくれます。

だけど、ペットは、私達より先に逝ってしまいます。
ペットを飼う時には、その事を忘れてはいけなくて、最期まで面倒を見て、見送る事を覚悟しなければいけません。
責任を持って飼うとは、その最期の時まできちんと立ちあうんだということ。


ペットロスを体験すると、「もう二度とこんな思いをしたくない」と思います。
それぐらい辛いし、一生を通じて子供のまんまみたいに純真な動物達の死は、本当に我が子を亡くした様に辛いのです。

でも、それでも。

これからも是非ペットは飼い続けてほしいです。

失くした辛さ以上の、沢山の幸せや笑顔や楽しさをもらえたと思いませんか。
家族になって過ごした時を、ペットもあなたも幸せだったと思いませんか。

ペットロスをして辛い時期を乗り越えて、少し心に余裕ができたら、次の子を迎える事を考えてみて欲しいのです。

ペットと暮らす楽しさを十分に知るあなただからこそ、きっとまた次に迎える子とも、楽しい日々を送れると思うから。





SANY0017.jpg

ちゃーちゃんとししまるさん。
虹の橋で、こんな風にまた仲良くお昼寝してるはず。


-----

にほんブログ村 ランキング参加中です




ちゃーちゃん、よく頑張って長生きしてくれてありがとう。




↓バナークリックして下さると、ブログ村のランキングに反映されます。

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ

いつも、応援ありがとうございます。


-----

こぐまちゃんの日常、ついったーでつぶやき中。
Twitterボタン
Twitterブログパーツ

良かったらフォローしてね♪

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://laviemc.blog41.fc2.com/tb.php/624-fbabfa26

Comment

蘭子

こんにちわ~。
うちのわんこは私達夫婦にとって初めてのペット(子供のようなものですけど)なので、今までにペットロスの経験がありません。
以前は映画なので犬が亡くなるシーンを見ると悲しいけど、胸を打つような感じではありませんでした。
でも、うちにワンコが来てから、犬の事となると涙腺が弱くなってしまって困ってます。
旦那にハチ公の話をしているだけでもう涙ぽろぽろ、その話をきいてる旦那も涙目。
最愛の犬を亡くされた飼い主さんのブログを読むだけで、もう号泣です。

そうですよね、ペットを飼ったら自分より先に逝ってしまうのはわかってるんですけど、考えただけでも涙が出てきてしまうので、考えないようにしています。
  • URL
  • 2011/07/07 04:55
  • Edit

ichimi

朝からホロリっとしてしまいました。
我が家にも老犬がいるもので、その別れを考えるとついついです・・・・・。
数年前から、今年の夏は越えられるかしら、今年の冬は越えられるかしらと心配してきましたが
16歳9カ月になりました。
でも先日、病院の先生から、耳が遠くなっていて、足が少し弱っているけど、目は見えているし
反応も悪くないので、まだまだ大丈夫だよ。っといわれました。
こうなたら20歳目指して頑張ろうと思います。
それから、小さい子(レオン)の存在もいいらしいです
刺激を受けて元気になる子もいるとか。
そういえば、前よりご飯も良く食べるようになったし
起きている時間も増えた気がします。
ペットは人間よりもず~っと短い一生。
飼い主が最後まで責任をもって幸せに暮らせるようなるといいですね。
そうでない子も沢山いることを耳にすると、心が痛みます。

ちゃーちゃん、大往生。安らかに眠ってね。




  • URL
  • 2011/07/07 09:17

423

ペット達は飼い主よりも駆け足で成長して最期は失った悲しみを残していきます。この現実を小学生のときに味わった私は2週間くらいは毎日学校の行きかえりも授業中も泣いていました。寿命をやりとりできるなら私のを分けてあげたいとも思いました。
でも、あのときから今もこぐまちゃんと同じ気持ちです。
一緒にいるときの豊かな気持ちは悲しみに勝ります。
  • URL
  • 2011/07/07 09:19

マル母

はじめまして。
2月にペキニーズ♂13才(マル)を亡くし、4月に
トイプー♂2ヶ月と20日(福゜・ぷく)を迎えました。
マルの実家のペットショップのママさんから、マルちゃんに性格の似たおっとりした
可愛い子がいるよと連絡を受け、夫が渋る私を引っぱって見に行きました。
涙の海でおぼれそうな私を二人して見かねたのかも。
今では、ぷぅがペシャンコだった心を少しづつ膨らませてくれています。
ぽんちゃん、ぐりこちゃん、うにちゃん他のブログを参考に仔犬育てに奮闘しています。
ちゃーちゃんとししまるさん、マルとも仲良くしてやってね。
  • URL
  • 2011/07/07 10:40

hellokei816

ちゃーちゃん、お疲れさま♪
今頃 虹の橋で、大好きだったししまるさんに再会して
大喜びしているに違いないねi-228
また、寄り添って仲良くお昼寝してね。

私も子供の頃に2度ほどわんことの別れがありました。
そして、最近、友達のわんこが次々と虹の橋に旅立っていきましたi-181
すごく悲しいけど、”虹の橋で皆で楽しく暮らしているんだ”って思い、
その光景を想像すると、なぜか心が落ち着きます。

今は、シュートが・・って考えるだけで涙が出てきてしまうけど、
いつか必ず”その日”が来るんだ。と覚悟はしています。
だから、その分短い間にいっぱい愛してあげたいと思っていますi-239
  • URL
  • 2011/07/07 10:44

たろのおかっちゃん

朝から涙涙・・・

21才、大往生ですね。
20才過ぎたら「神様からご褒美の時間」なんだそうです^^

私が小学生の頃、野良ネコを飼っていたのですが、外に出たり自由にさせていたので、結局お外に行ったまま返ってきませんでした。

だから、抱っこされて虹の橋を渡れて幸せだっただろうなと思います^^

今はトイプー2匹を飼っていますが、いつかペットロスを迎えたら、自分が空っぽになってしまうような気がして怖いです。。
ただ今は、ワンコたちを大切に育てることに力を注いでいきたいと思います!

ちゃーちゃんがししまるちゃんと会えますように。
  • URL
  • 2011/07/07 11:16
  • Edit

影丸ママ

わかります。亡くなるときにそばにいてあげられないほど辛いものはありません。
私は生まれてからいままでの間、6匹の犬猫を亡くしましたが、死に目に立ち会えなかった子がいます。
とても辛いです。
大往生のちゃーちゃんは幸せですね。
  • URL
  • 2011/07/07 11:30

寝子

ちゃーちゃん、虹の橋で
ししまるくんと会えましたか? 私はこぐまちゃんのブログの21歳のちゃーちゃんに励まされていました。我が家のシルバも12歳。
けど、まだまだ~なんて。ちゃーちゃん本当に大往生。 長い間 家族に癒しと思い出をご苦労様でした。
これからは ししまるくんと沢山お昼寝して走って遊んでね!
ペットロスは何時かは…と思っていても 悲しいでしょうね。 私もシルバやロコの最期に寄り添って居てあげたいと改めて思いました。
  • URL
  • 2011/07/07 11:44

ほたる

今朝 夢で猫がでてきたの。
模様が違ったけど、顔がよくちゃーちゃんと似ていてびっくり。

大往生だったね。
こぐま家で可愛がられて愛されて幸せだったろうね。
今は兄弟で仲良く遊んでいるかな。
ししまるさんもいるから寂しくないね。
  • URL
  • 2011/07/07 11:54

michi

私も何度か犬が亡くなる経験をしています。その中には忘れられないくらい辛い記憶もあります。
悲しい思いをしても、でもやっぱりペットと過ごす日々はかけがえのないものだから、飼い続けるんだと思います。
ペットたちはホントに、一生涯子供のように純真で、まっすぐな愛をくれる、大切な仲間ですよね。
ちーちゃん、21歳。亡くなったことは悲しいけど、猫の寿命を考えると大往生ですね。
こぐまちゃん家族は長い時をちーちゃんと一緒に過ごせて幸せだったでしょうし、ちーちゃんも頑張って長生きして、こぐまちゃん家族と少しでも長い時間を一緒に過ごせて幸せだったでしょうね。
無理せずにしばらくはたくさん悲しんで、たくさん想ってもいいんですよね。それでもペットとの生活は素晴らしい!ってきっとなるんだと思います。
  • URL
  • 2011/07/07 16:16

yopp

ちょっと涙が出ちゃいました。
私の実家は、子供の頃から猫も犬もいて。。
初めて飼ったワンコが亡くなった時は、悲しくて悲しくて
こんなに悲しい事が、有るんだなあって思いました。
最後の時は、本当に悲しくて立ち直れなくなりそうだけど
それでも、それ以上にしあわせを感じさせてくれる存在なんですよね。
ちゃーちゃん、21歳まで長生きしてくれてありがとうですね。
きっと今頃は、ししまるさんと一緒に遊んでるんだろうな。
ゆっくり休んでほしいですね^^
  • URL
  • 2011/07/07 22:11

こぐまちゃん

☆皆様へ☆

コメントありがとうございます。
お別れの日のことを考えながら日々過ごす必要は無いけれど、それでもいつか来るその日を思うと泣きそうになります。

・・・ていうか、うちの犬まだ2歳と1歳ですが(汗

ペットロスの悲しみよりも、もっともっとペットと暮らすことの楽しさやヨロコビは大きいですものね。
これからもペットとの生活を楽しんで行きたいと思います!
  • URL
  • 2011/07/08 01:22

みゃお

すごいね21歳て。
そんだけ長い間多くのことをくれたんだね。
折角多くのことを教えてくれたんだから、
次の子に会ってそれを活かしてまた一杯教わって、
それが他の新しい家族にも伝わってとか、
そういう流れが出来ると素敵だよね。

そのうち家族が出来たらワンコ飼いたいな。
またクンタって名づけちゃいそう。
  • URL
  • 2011/07/09 20:33
  • Edit

☆みゃおさんへ☆
そうなの。随分長生きしてくれたわー。
後から来る子は、前の子の分も合わせて可愛がられるから幸せ、みたいなセリフがグーグーだって猫であるってマンガの中に出てきたけど。
その通りだと思うわー。

うん、是非飼えるタイミングがきたら、また飼いなよね。
そしてクンタ2世にするのだ。
  • URL
  • 2011/07/09 23:58

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

about us

モナコに暮らすこぐまちゃん一家の日常

こぐまちゃん

Author:こぐまちゃん
+モナコで働くおかーさん
+怒ると時々ひぐまちゃん

ポン太
+トイプードル アプリコット
+優しい男の子
+2009年6月18日生まれ

ぐりこ
+トイプードル ブラウン
+ひょうきんな女の子
+2010年2月14日生まれ

とーちゃん
+こぐまちゃんの旦那さん
+宇宙人なフランス版ムツゴロウ

ムスメちゃん
+こぐま家の新入り娘
+2013年10月18日生まれ

TWITTER

new entries & comments

my favorites blogs

calendar

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

archives

02  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

links

*リンクフリーです。ご自由にどうぞ*

shops

Klein Hirsch*
種類も沢山、着心地がとってもいいです♪

Natural Jack
ポンポン首飾りや小物、可愛いお洋服もあります。ショップ名も新しくなりました♪

cocomc
モナコ発の上質なワンコ服

e-mail

メッセージはこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

serch

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。