スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毒舌こぐま姐さん

はいよ。

久しぶりに、こぐま「毒」姐さんにご相談メールが来ましたの。






-----

初めまして。
いつも楽しく読ませてもらってます!
ウチも1サイのトイプーがいます。ポングリさんを足して2で割ったょーなコです笑

突然ですが、聞かせて下さい。
こぐまちゃんは、ご結婚前からワンちゃんとの生活をされてましたょね。お付き合い当時から、旦那サマの協力もカナリあったと思うんですが、別れるコトになった時のコトは考えていましたか?
私はカレと結婚をする予定で、一緒に生活を始め、ワンちゃんを迎えました。
しかし、正式な親への挨拶前日にカレからXXXXとカミングアウト…(※詳細、ご希望により一部略)
協力して行こうと思ったんですが、コレがキッカケでカレ母とカレの関係がよく分かりました。
とにかく甘いんです。だからこんな風になったんだなって納得出来るくらぃ。
ウチの母親は大反対。そんな事では苦労する、と。

でも私たちとってワンちゃんは、コドモと同じです。
正式に籍も入れず迎えてしまったコトが間違っていたのかもしれませんが、このコからカレを離すのは可哀想なコトなんじゃなぃか、アタシに次またいぃ人が出来てもカレのようにこのコを可愛がってくれるんだろぅか…

別れを考えた時、このコトを考えてしまぃます。こぐまちゃんはそんな不安はなかったですか?
いまだに結論が出せないままでいます。


長くなってしまぃましたが、聞かせてもらえると嬉しいです。


-----

ハイ、xさん、メールありがとうございました。


こぐまちゃんに「お悩みメール」を送るって事が、どういう事か
こぐまちゃんブログ読者様だったら、おわかりですよね?ね?!

そう、こぐま姐さんに毒舌説教されるっつーことです。





えっとね。

まず、初対面の人にメールする時に
『アタシは』とか『ましたょね』とか。

ヘンなギャル語みたいな言葉はお使いにならない事よ?

バカな子がメールしてきたか?と思って、最初からかなり白目で見られます。


でもって。
文面もかなりぶっ飛んでますが。




えーっとね。





もうなんか色々突っ込みどころ満載すぎて、どこから何を言ったらいいかわからないレベルなんだけれども。





まず、私の場合。
犬を飼うって決めた時点で、もちろん現ダンナと一緒だったわけですが

別れたとして、自分で犬は引き取って最後まで誠心誠意面倒見る覚悟でしたよ。




子供もそうだけど



私は自分が一人になったとしても責任持てるという自信が持てない限りは、犬だろうが猫だろうがコドモだろうが

持つ気はないです。




ましてや


「次またいぃ人」とか


今の婚約者との関係すらまともに清算する前から、次の事考えるとか




あなた、誰かに依存してしか犬も飼えないなら、最初からそもそも犬なんか飼わないで下さい。




一人で飼えないなら、最初から飼うなよ?
と、思います。





ゴメンなさいよ。
こぐまおばさん、厳しい事言うけどね。


犬も生きてんの。


トイプー、ぬいぐるみみたいだけどね、ぬいぐるみじゃないの。
生きてんのね?
わかるかね?




アナタが彼と別れる別れないとか、

どうでもいいよ。

だけどね、
犬のことはそれとは別問題だから。


責任持てないなら、1歳ならまだ若い子だし、早いうちにもっときちんと最後まで面倒見て下さる人に里子にでも出して下さい。





アタシがそこにいたらその子引き取って最後まで面倒見たい勢いだけど!!!



つうことで。

彼との事とかアナタが好きな様にすればいいです。
犬は、環境に慣れます。思ってるよりずっとタフです。

アナタさえしっかりしていれば、アナタが犬を引き取って、犬が最後の瞬間を迎える十数年後まで
アナタがきちんと寄り添って一緒に生きて行く事ができれば

それが犬にとっての幸せなんだと思います。


あとは




今カレとか、次カレとか




次カレが今カレの様に犬をかわいがってくれるんだろうかとか




そんなのアナタが犬を精一杯愛して可愛がって行けばいいだけの話で





「誰か」に依存する事じゃないよね?








よく考えて
自分でお好きな様になさって下さいね。










写真一個もない毒舌ブログでゴメンナサイヨー。





-----

こぐまちゃんの日常、つぶやいてます。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ


良かったらフォローしてね


スポンサーサイト

ぐりこさんのさじ加減

IMG_5119_20121128064809.jpg

暗くて見えづらいとかそういうクレームはさておき












IMG_5135.jpg

ソファに陣取るぐりこちゃんwithテレビのリモコン











IMG_5138.jpg

人の顔色チラチラうかがいつつ

少しずつ落とそうとしてズラすのは何だ?!










-----

きょうの晩ご飯





IMG_5111.jpg

鴨鍋でござる。

ずっとやろうと思っていたんですが、フランスは割と鴨肉がお得です。
マグレドカナール、一枚700円〜900円ぐらいか。


これを薄切りにしまして、お鍋にしゃぶしゃぶ的に。
火が通り過ぎると固くなっちゃうので、ホントにささっと。

出汁は甘めの味付けで、お醤油、酒、みりん、砂糖。
麺つゆ使っちゃってもいいかと思います。
濃いめの方が美味しい。

具は、ポワロー、キノコ類、しらたき、白菜。

鴨がねぎしょって・・・ て言うぐらいなので、ポワローは合います。
かやのやの七味をモリモリつけて頂きました。
最後はうどんで〆。



-----

こぐまちゃんの日常、つぶやいてます。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ


良かったらフォローしてね


オサカナヤサン

今年の春、日本へこぐま一家揃って出かけたのですが

その日本からモナコへの帰国前日、荷物パッキングが大量にあって、ウィークリーマンションに来ていた私の母と、ダンナが私のパッキングのじゃまにならない様に犬達を連れて二人でお散歩に行ってきました。




もちろん

母はフランス語なんか1mmも話せませんし
ダンナは日本語は挨拶ぐらいしか話せません


だけどうちのダンナも人なつこいというか、物怖じしない人なので、義母(しかもガイジン)と一緒にお散歩とかでもあんまり気にせずヘラヘラと出かけてくれる訳です。



そして母は母で
全世界の「母」という生き物にごくごく共通いたします様に

「天然」

な生き物で



まるっきりガイジンのダンナ相手に、キッパリと日本語で終始押し通すわけです。





んで





この、「うちの母とダンナの散歩」以来





うちのダンナが妙なオカマ言葉を使うのですね。






「オニクヤサン」
「オサカナヤサン」






私、教えた事ないんで。
何言ってんだろう?ってずっと妙に思ってたんですが






先日改めて聞いてみると

どうやら、母とお散歩に行った時に、母から教わったそうで。





通り過ぎる魚屋の前で

『これは、オサカナヤサン!』

とか、


『オニクヤサン!』

とか、



やっていたらしい。





しかし30超えたいい大人の男が、「オサカナヤサン」とか、たどたどしく言ってるとオカマっぽくて仕方無い。






母、日本語教えるときは、オカマっぽくなるから女言葉で教えないで下さい…。








そんな夫からの今晩のゴハンのリクエスト。





「オサカナ!オサカナ!!!」











IMG_5108.jpg

アクアパッツァ。

Grondin(ホウボウ)、アサリ、エビ、プチトマト、ローリエ、イタリアンパセリ、白ワイン。
タリアテッレを添えて、最後はパンでスープひたひたして食べました。
魚介のうまみタップリ。
白ワインが進んじゃうね。



----

今日はオマケっぽいポンぐり。









IMG_4411.jpg

なんかウィンクぽいショット。

ユラユラswiming、ユラユラDreaming、愛がゆれーるー。



-----

こぐまちゃんの日常、つぶやいてます。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ


良かったらフォローしてね




密輸おでんとツンデレポン太

海外在住の日本人の皆様におかれましては


一時帰国をしたらまた戻ってくるときにできる限り日本の食料を持って帰ってくるかと思います。



私も例外ではなく
大量の食料を持ち帰ります。


今回も、スーツケース3個
内訳は殆ど、食料。


新米10kgとかが一番割合が大きかったとおもいますが


まだ若かりし頃(?)は、乾物や瓶詰めや、そういう物を持って帰っていたのですが
よく考えたらそんな物は、下手したら送れる。

それに気づいて以来、割と生っぽいものばかり持ち帰る様になりました。


幸い、季節は冬。
飛行はロシア上空。

という事で、スーツケースは常に冷え冷えな環境下なので
今まで一度も食料系腐った事等はありません。
(といって、オススメできるか定かではないので、自己責任で。)

手に入りづらい、里芋やレンコンや牛蒡や山芋など新聞紙にくるんできたり
漬け物系、たらことか、そんな色々持ってきます。

今回は、「おでん用練り物セット」と「関東ちくわぶ」

持ち帰ったら速攻冷凍庫に入れて保存していたのですが
満を持して、いよいよおでんにしました。






IMG_5090.jpg

おでんには、茶飯、という事で茶飯も。
おこげもきれいにできました。


おでんに茶飯なんて、実家にいる時は知らなかったので外に出てから作る様になりました。
醤油入れて炊いたご飯、ってだけなんですが、おでんと合います。
(2合のお米、お醤油大さじ2、お酒大さじ2、昆布)






-----

うちの犬達は夜はケージでそれぞれ眠るのですが
時々朝方、ヒンヒンと鼻を鳴らして起こそうとしてくる事があります。

おしっこしたいとか、
んこしたいとか、

単純に甘えたいとか。




時々ポン太がヒンヒン止まらないことがあって
うるさくて仕方無いので渋々起きてケージへ行くと



ポン太さん、さっきまでヒンヒン言ってたくせに、
寝たフリすんですよ。





普通そんだけヒンヒン言ったら、ままん来たら『わっふわっふ!』言って
ヨロコブと思うじゃないですか?




なのにけだるくケージの中のベッドで丸まって、目を合わせないのね。






だけど尻尾だけ、
ままん起きて来てウレしすぎちゃってるのが隠しきれず
ブンブンしちゃってるわけです。







IMG_4080.jpg


なんたる、ツンデレ犬。







そしてケージを開けてあげると

わざとらしく

「今起きましたけど?」風に顔を上げてアクビをして伸びをして

のろのろとケージから出てくる訳です。










尻尾だけは、気持ち隠しきれず、ブリブリなっちゃってるんだけどな。






-----

こぐまちゃんの日常、つぶやいてます。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ


良かったらフォローしてね


小旅行計画

なんだか、10月〜11月と精神的&肉体的にきつい事が重なっていたりとか

色々アレな感じなので、月末に3連休で、こぐま家そろってプチトリップしてくる事にしました。



行き先はミラノ。




モナコから電車でガタゴト行ってくる事にしましたよ。



ミラノと言えば、アポクロちゃんが住んでます。

以前、まだクロエちゃんがやってくる前に、アポちゃんはモナコに遊びに来た事があるの。
(その時の記事はこちら。)

もう2年以上も経つのだなー。

行こう、行こうと思いつつ、なかなか機会がなかったのですが、やっと遊びに行く事になりました。
mimmiちゃん&アポクロ兄妹と遊んでもらえる様に段取り中。




とても楽しみ。









ミラノのmimmiちゃんから、「寒いからね!」ってLineでメッセージをもらいました
モナコとは5度ぐらい違うみたいなので結構寒いよね。






IMG_5102.jpg

ポン太さんは防寒に、そしてふぁっそんの都、ミラノでもお洋服ばっちり着こなしてくださりそうなんですが











IMG_5098.jpg

後ろの全裸の子が心配(汗






まあ、寒かったら、着るでしょう…。






-----

今日の美味しいヤツ






IMG_5088.jpg

今年お初のモンドール。

モンドールはフランスとスイスの間らへん(適当)で作られているチーズ。
冬限定のチーズなの。

もみの木でできた木枠で熟成しているので、ほんのり木の香りがします。

常温で置いておくと中がトローリしてくるのでそこを頂く訳ですが
今回は、皮に切れ目を入れてから、刻みニンニク、白ワインを入れてオーブンでトロトロにしてから

パンや蒸し野菜と一緒に食べました。

ボジョレーヌーボー的な物もあったので一緒に。
ワインが進んでしまうわけです。



-----

こぐまちゃんの日常、つぶやいてます。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ


良かったらフォローしてね





美しすぎるぐりこさん

滅多にないのですが、先日ぐりこちゃんと二人で出かけていた時のこと


確か、トリミングでポン太と入れ替えの時とかそんな感じの時
まさしにトリミング帰りだったからつるつるフワフワモッフリでさっぱりしたぐりこちゃんと




二人でタラッタラーと歩いておりましたらば




道路工事のおじさん達(犬好き)のお目にとまったぐりこちゃん

カワイイ、カワイイの大喝采を浴びておりました。




と、おじさん達、飼い主の私についでの様に気がついて


『Ah! vous etes belles toute les deux!!』
「お、お二人とも、揃ってお美しい!!」



と、とってつけたように仰って下さいましたよ。

なんか、スイマセンね。
気を使って頂いちゃって。







しかしですね

こんな風に、フランス男の方々は褒め称えて下さる事が多くって
最初は本気で照れていたりしたのですが

そのうち、『社交辞令』という言葉を学びました。




に、してもですね。
信号待ちの車からとか、バス停でバスを待っている時とか、
もの凄いじろじろあからさまに見てきますし
ちょっとおしゃれな格好をしていれば

口笛を吹かれたり
ダイレクトに口にして喝采されたり

本当に割と頻繁にあります。

決して私が秀でて美しいとかそんな事は全くなくて
どんな人でも割と遭遇します。

リップサービスというか、
女の人がいたら、褒めずに通り過ぎたら罪とでも思っているんだろうか?ぐらいな勢い。



いいのか悪いのか分かりませんが



兎に角日本人女性の皆様におかれましては
ヨーロッパでむやみやたらに美しい美しいと褒め称えられましても

『コンニチワ、コンニチワ』

と言われてるぐらいに解釈しておいて 正解。











IMG_5025.jpg

美しすぎるぐりこさん
フードかぶせられて 固まる。





-----

先日の晩ご飯




IMG_5074.jpg

海老シウマイ。

餃子は簡単に皮が作れるのですが、シウマイの皮はなかなか・・・
先日日本に帰国した折、密輸して参りまして冷凍庫に保管していたもので作りました。

なんとも美味しい。

豚肉はロースをミンチにして作りました。
玉ねぎと、エビを入れて。
ウマシシウマイ。


-----

こぐまちゃんの日常、つぶやいてます。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ


良かったらフォローしてね


今年の初着衣

南仏といえども



さすがに薄手のコートを羽織るぐらいには寒くなってきました。

特に雨が降ったり天気が悪くて、そんな日には冷え冷えとします。











IMG_5048.jpg

そんな訳で、夜のお散歩にはお洋服着用始めました。










IMG_5047.jpg

服嫌いのぐりこさん
冬時間だと外も暗くて、暗闇だと色が紛れてしまって、数日前通りすがりのおじさんに蹴飛ばされそうになってしまいまして。

防寒だけじゃなく、服着てもらう事にしました。







IMG_5046.jpg

ポン太さんは、いわずもがな。
お洋服大好きなので、着てるとテンション上がりまくります。







IMG_5067.jpg

ポン太さん=大笑顔
ぐりこさん=その隙にチムを嗅ぐ。






つなぎは、結構、難易度高い。





-----

きょうの晩ご飯




IMG_5031.jpg

日本から練り物を密輸しておでんにしようと思っているのに、大根が手に入らずジリジリとしつつ。

妥協して洋風おでん、ポトフにしました。

キャベツ、ナヴェ(カブ)、人参、ジャガイモ、セロリ、玉ねぎ。
豚の肩ロースをゲランドの塩でもみもみして、3日間寝かせた塩豚を使って作りました。

この塩豚、私は昔からよく常備食として作っているのですが、500gぐらいの肉で小さじ1強の美味しいお塩をすりこんで、キッチンペーパーで包んでからラップで密封して、ジップロックに入れて冷蔵庫で保存。
ドリップ(肉汁)が出て来たらペーパーを代えて。
3日目ぐらいから頂けます。

スライスして、野菜と一緒にせいろで蒸したり、刻んでチャーハンに入れたり、レンズ豆と煮込みにしたり、そのままシンプルに焼いたり。
何にでも使えて、柔らかく熟成してて、ホント便利です。


塩麹とかなくても、十分。


-----

こぐまちゃんの日常、つぶやいてます。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ


良かったらフォローしてね




秋の美味しいもの

このところ、週末というと雨ばかり。
更には2連休が取れないこぐまちゃん、ちょっとグッタリ気味です。






日曜日の今日はお休みでしたので、午前中雨がやんでからマルシェへ行ってきました。







IMG_5028.jpg

お野菜沢山買ってきました。

これはジロール茸。

ジロール茸はこの辺では秋になるとスーパーとかでも沢山売ってる季節の美味しいキノコです。
日本ではアンズ茸とか呼ばれているらしい。

キッチンペーパーで土やゴミを掃除して
調理に使う直前に、さっと水洗い。

キノコは本当は洗わない方がいいんだけど、結構土が取れないのよね。
取れないと口の中でじゃりっとしちゃうので、ごくささっとね。






IMG_5032.jpg

ジロール茸のリゾットに。

玉ねぎとにんにくのみじん切りをオリーブオイルとバター少量で炒めて
お米投入して炒めて
キノコ投入。
さっと炒めたら白ワイン投入。
それからは温めたブイヨンを加えながらアルデンテに炊きます。

私はバリ固ぐらいにゆであがったらそこで火を止めます。
パルメザンを削ったり、お皿によそったりしている間に、ちょうどいいアルデンテに。

一口めはそのまま、その後白トリュフオイルをかけて食べました。
うまーーーーい!!!

二人分
お米 1合
玉ねぎ 半個
にんにく 1かけ
ブイヨン 400ml
白ワイン 半カップ
キノコ 両手一山
塩は味を見て適宜

きのこはジロールじゃなくてもしめじでも舞茸でも何でも美味しくできそうなので、是非お試しを。







-----


最近ぐりこちゃんはニンゲン達のゴハン中











IMG_5036.jpg

このようなあんばいで

横たわっておられます。





ゴハンが終わるとそれを見計らった様に、ママンと相席をご要望してくる辺り
意外と空気読めてるみたい。




-----

こぐまちゃんの日常、つぶやいてます。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ


良かったらフォローしてね


ポン太を呼ぶワザ

こんにちは。











IMG_4391.jpg

ムッスリ顔で、朝の二度寝のポン太くんです。











IMG_4393.jpg

ポン太さんは意外とツレナイお方でして。

呼んでも気が向いた時しか来てくれません。
自分の名前が「ポン太」である事はハッキリ認識しているくせに
ぐりこちゃんが「ぐりこちゃん」である事を認識しているか否かの曖昧さに比べたら
明らかにハッキリ認識しているくせに

呼ばれても、来たい時しか来てくれない、ツンデレポン太さんなんです。



『ポン太!ポーンちゃーーーん!ポン太!おいで!!』



叫ぼうが、喚こうが、気が乗らないと来てくれないポン太さんなのですが
絶対に来るワザを発見しました。












『泣きまね』











「うぇーーーーーん!ぶぇーーーーーーん!!」


と、泣きまねをすると、あっという間にトンで来てくれる事が発覚しました。












IMG_4394_20121108052757.jpg

ポ:ムゥ。




静かに寝かせろってね。ハイ、了解。







-----

先日はどうしてもゴハンを作るのが面倒だったので、近所で晩ご飯。







IMG_5004.jpg

オーソブッコ。
子牛の骨付きスネ肉のイタリア風煮込み、サフランライスのリゾット添え。

髄の部分がトローンと美味しいのです。



-----

こぐまちゃんの日常、つぶやいてます。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ


良かったらフォローしてね



廻るぐりこちゃん

  • 2012/11/07 01:21
  • Category: 動画
コメント欄、開けてたつもりでしまってたので、開けました(汗)
何かぐりこちゃんに交信事項がございましたら、どうぞ。

-----


随分前から、『ああこれもいつか動画に撮っておかなくちゃ!』と思っていた動画。





ゴハンの時のぐりこちゃんの図。

なぜか、毎回、必ず


ゴハンを用意してくれる人の足下でグルグル回ります。










ぐるぐる、ゴハンもらうまで延々と廻っちゃうのよ。






-----




IMG_4976_20121107011811.jpg

先日、成田空港で出発間際に買った八つ橋が美味しくて。
フランスでカフェに入ると、スペキュロスっていうシナモン風味のビスケットがついてくるのですが、それの和風版みたいな感じで、なんだかカフェによく合うの〜!



-----

こぐまちゃんの日常、つぶやいてます。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ


良かったらフォローしてね



-----

うちのソウルフード

今日はフランス(モナコ)は、La toussant(トゥサン)という祝日でした。
いわゆる、盆やお彼岸みたいな。
亡くなったご先祖様をおまつりする日なのだそうです。










IMG_4350_20121102041729.jpg

休日でしたので、朝っぱらからポン太先輩に遊びのお誘いをうけまくっておりました。













IMG_4356.jpg

相変わらず
おもちゃをグイグイ押し付けて下さいました。












IMG_4362_20121102041728.jpg

そんな顔で見返られても、別に欲しくないです。












-----

先日、義父が亡くなりまして。



今日はLa toussantという事もあって、クスクスを作ってみました。


ダンナのお父さんは、チュニジア系なので、クスクスはいわばソウルフードなのです。
日本人にとっての、白ご飯とお味噌汁的な?

クスクスは、マグレブの国々によっても色々微妙に違って、モロッコ、アルジェリア、チュニジア、それぞれ微妙に入れるものや味付けが違ったりします。

残念ながら、ダンナのお母様はダンナ幼少の頃に他界されておりますので、お義母様秘伝のクスクスとか、無いわけで、これはもう、我が家のクスクスを考案するしかないなーと。


以前から思っていたのですが、いよいよ本日、思案していたレシピにて、我が家のソウルフードたるべし、クスクスにトライしてみました。




IMG_4970_20121102041728.jpg

まず、ベースのスープには





IMG_4973_20121102041728.jpg

牛スネ肉
ラムネック肉
ナヴェ(カブ)
ズッキーニ
ちりめんキャベツ
人参
ジャガイモ
玉ねぎ
ピーマン





IMG_4972.jpg

スムールは、ちゃんと蒸しました。
レーズンとQuatreepicesとバターを入れて。







IMG_4366.jpg

そうして出来上がった、お彼岸のクスクス、こぐま家風は
今まで食べたどんなクスクスよりも美味しい一品でした。


アリッサ沢山つけて。









-----

こぐまちゃんの日常、つぶやいてます。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ


良かったらフォローしてね


Pagination

Utility

about us

モナコに暮らすこぐまちゃん一家の日常

こぐまちゃん

Author:こぐまちゃん
+モナコで働くおかーさん
+怒ると時々ひぐまちゃん

ポン太
+トイプードル アプリコット
+優しい男の子
+2009年6月18日生まれ

ぐりこ
+トイプードル ブラウン
+ひょうきんな女の子
+2010年2月14日生まれ

とーちゃん
+こぐまちゃんの旦那さん
+宇宙人なフランス版ムツゴロウ

ムスメちゃん
+こぐま家の新入り娘
+2013年10月18日生まれ

TWITTER

new entries & comments

my favorites blogs

calendar

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

archives

02  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

links

*リンクフリーです。ご自由にどうぞ*

shops

Klein Hirsch*
種類も沢山、着心地がとってもいいです♪

Natural Jack
ポンポン首飾りや小物、可愛いお洋服もあります。ショップ名も新しくなりました♪

cocomc
モナコ発の上質なワンコ服

e-mail

メッセージはこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

serch

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。