スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めざせおされワンコ

日本の皆さんのワンコブログを見ていて



気付いたこと。







みんな、








お洋服を着ている・・・・・・・。








ワタスも着せたい。息子に着せたい。







おされなお洋服を着せたい!!!!







だけどほっとんど売ってません。こっち。





















っち。














というわけで。



2_091027.jpg






3_91027.jpg




IMG_0039.jpg


モナコのセレ部犬ご愛用。


L○uis Vuitt○n Collier baxter PM。





首輪はポン太に許された、唯一の「おされ」ですから。なんつって。





嗚呼、ママンのお給料はどんどんおまぇに消えていくよ。



-----


こぐまちゃん母(ポン太ばあば)に、メールで「親ばか」と言われました。ハイ。

ポン太当人にしてみれば、裸族が一番っぽいですけども。

首輪すらも嫌いみたい(>x<



-----

ランキングに参加してみました。
お手間でなければクリックで応援お願いします。

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

夜のお散歩

テテテッ・・・ テテテッ・・・ テテテッ・・・



















1_091029.jpg
















2_091029_20091030054838.jpg


ポン太の夜のお散歩。
リードなしでハイテンションな、モナコのもののけ王子。







-----

ランキングに参加してみました。
お手間でなければクリックで応援お願いします。

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村



トイプードルらしさ?

ポン太と散歩をしていると、よく聞かれる質問。





「この犬、なんて種類なの?」




1_091027.jpg


プードルはフランス原産の犬なのに

ポン太の色もトリミングも、フランスではプードルらしくないようで

プードルだってわからない人が多いのです。




こっちで見かけるプードルは、ほとんどがCaniche Nain(カニッシュナン=ミニチュアプードル)、

そして色は黒か白が多いです。



アプリコットも若干いますが、ベージュに近い薄いアプリコットです。




日本では、トイプードルと言えば、いろんなカットをしますが

こっちではだいたいが、オーソドックスなプードルスタイルです。





だから、レッドやアプリコットで、変なカット(テディベアとかソフトモヒ)をしていると、トイプードルだってわからないんです。


ポン太みたいなトイプードルはあんまり見た事が無いって人が多いので


トイプードルだというとびっくりされます。





でも、見慣れない割に概ね好評で




ぬいぐるみみたいでこんなにカワイイなら私も次に迎える犬はトイプードルがいいな




とか




このカット、すごくかわいいのね。昔ながらのプードルカットより全然いいわ。




とか




保守的で有名なこっちの人にほめほめされると


ちょっと嬉しいです(^0^





こっちではプードルは、元貴婦人(=今おばあちゃん)の飼う犬の代表みたいになっていて、


残念ながらこちらではあまり流行ってないのですが


こんな風に見直されて、人気のワンになったらなーとおもいます。


-----


ランキングに参加してみました。
お手間でなければクリックで応援お願いします。

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

しつけのコマンド

ポン太に話す時は、何語で話してるの? 
とよく聞かれます。


うちの相方は日本語が話せませんから、
相方との共通言語なフランス語にするのが妥当だったのですが。

相方は、生粋の「ムツゴロウタイプ」の人。

何か知らんけど、動物が寄ってくるタイプ。

何もしてなくても、




通りすがりの知らないボクサー犬が突然相方の前でおなかを出してゴロンゴロンしてみたり
※その子のママンもビックリ






公園にいれば、鳩にとまられちゃったり
※しかもしばらく気づかない



そんな人です。





せこい私は、無欲の相方に「リーダーの座を奪われる危機」をヨカン。











4_091025.jpg
んなわけで、



日本語で躾してみました(照





やー、そうすれば、なんかこう私の言う事しか聞かないんじゃない?!とか。



くだらない事をちょっと妄想したり。



非常ーに低レベルで、ちっさーいですね私?



せこーい!せこーい! ですね私?





そんなわけで



「おすわり」「ふせ」「まて」「よし」「しっこ」「んこ」




以上を、ポン太は日本語で覚えています。
※家では8割できますが、お外に行くとほとんど聞いてくれません(涙





さて、このコマンド、



相方が言うと



「オシュリ」「フセ」「マテ」「シ」「ンーコ」「ォシッコ」



みたいな?




イントネーションがガイジンなので、ポン太には違うコマンドに聞こえるらしく

ぽかんとした顔で見つめられてました。






そんなポン太と相方が面白くて、私はしばし大爆笑。





とはいってもいつまでも遊んでる場合じゃなくて


出張が多い私はどうしたって相方にポン太をお願いせざるを得ません。


ですので、コマンドと同時にハンドサインを足してみました。


すると、発音の悪い相方のコマンドでも、わかるようになりました。






っていうか、多分シチュエーションで次に何を言われるかって、

ポン太がだいたい予想しているみたいです。

そう考えると、トイプードルって本当に頭いいですよねえ。





コマンドが日本語な事で結構良い事もあります。


□ 「Il faut qu'on lui fasse んこ et おしっこ」とか、ピーWord部分を日本語にして話せるので、周りに人がいてもへっちゃらでんことかおしっことか言えちゃう。


□ 道行く人に勝手にコマンドされない。
※変な人いるのですよ。Couches!(ふせ!)とか人の犬に勝手に言う人。意味もなく。


□ こっちだと、日本語は外国語でなんだかカッコイイ。




まあ、だいたいしょーもないメリットしかないですね。(汗


5_091025.jpg


-----

ランキングに参加してみました。
お手間でなければクリックで応援お願いします。

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

大きい犬コワイ

月曜日。

今日はこぐまちゃんの定休日でした。

ヨーロッパ(特にキリスト教圏)は、日曜日は安息日の習慣が残っているので、日曜日には商店が殆んどしまっています。

レストランとカフェぐらいかな?空いてるのは。

そんなわけで、スーパーだとかデパートだとか、
買い物したり、美容院に行ったり、そういう事はすべて日曜日以外の日にしないといけません。



不便です。



さて、そんなわけで、こぐまちゃんの週末は、



日曜日:家の中でグッタリして、掃除、洗濯などをする。冷蔵庫の残り物を食べる。



月曜日:買い出し、病院、美容院、ポン太関係




こんな感じで過ごしております。



このところ、毎週月曜日は、歯医者かポン太の用事かでつぶれていましたが、
今日はとうとう数カ月ぶりに美容院へ行けました(涙



その後でちょっと買い物へ。



ポン太も連れて散歩がてらのショッピングです。


最近のポン太は、ちょっと物心がついてきたというか、大人になってきたのかな?

以前は人見知り、犬見知り、殆んどしなかったのですが、

最近、犬見知りします。



特に大きい犬が苦手みたいです。



大きい犬が向こうから歩いてくると、とたんに早歩きに。



で、ひたすら目を合わせないで、

気づかぬそぶりで早歩き

を続けます。




その犬とすれ違ったら、今度はダッシュ!!!


とは言っても、リードが付いているので、ダッシュしきれませんが


かなり引っ張ってぐいぐい進もうとします。





1_091026.jpg




やっぱり大きい犬はコワイのかなあ?


-----

あと、んこしたい時も、猛烈にリード引っ張ります・・・。

-----

ランキングに参加してみました。


気が向いたら押してみてください。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村

サマータイム終了

毎年10月の最終日曜日は、深夜過ぎたら時計を1時間遅らせて、サマータイムが終了します。
これで日本との時差が8時間になります。
(サマータイム中は7時間)



夏時間→冬時間 に変更の時は、朝1時間寝坊できるから、
なんだかラッキーな感じなのですが

その分、夕方暗くなるのが1時間早くなるので、

冬って感じです。さみしい。




こぐまちゃんは最近、老化現象のためか、朝起きるのがめっきり早いです。



しかもどんなに疲れていても、休日というと特に早起きしてしまいます。



寝てりゃいいのに。






じいさんみたいだ。






ちょっと前までポン太も付き合って一緒に早起きしてくれてたのに





最近は取りあえずトイレまでついて来てくれて、







私が用を足すのを寝ぼけ顔で見届けると






そのあとさっさと寝床に戻ってしまわれます。











1_091025.jpg
ベランダから見た、朝のモナコポートです。



これでだいたい7時ぐらいです。








2_91025.jpg
東の空がこっち側。


ここから朝日が昇ってきます。



綺麗ですよ。







3_091025.jpg

ままんが早起きなもんで


一緒に付き合って起きてきたものの


やっぱり二度寝。 

公園で遊ぼう!

今日は土曜日。
またポン太と同伴出勤してきましたよ。


お昼休みには仕事お休みの相方と待ち合わせして、公園でサンドウィッチなランチタイム。


ポン太もカリカリご飯のランチタイムです。











1_091024.jpg
相方の号令で、しぶしぶお座りをするポン太。






ポン太はとーちゃんが大好きですが、とーちゃんはやさしすぎるので、あんまり指示に従いません。

でも、Croquette(カリカリご飯)があるときは別。
すぐ言う事聞きます。









2_091024.jpg
上手にお座りできたので、ハイどーぞ。










3_091024.jpg

満面の笑顔っす。









さて、腹ごしらえも済んだし、公園でちょっくらハトでもからかってやりましょう。












4_091024.jpg

とーちゃんと一緒に、ハトを指差し確認。






「よーし。とーちゃんの号令ででダッシュだぞ、ポン太!!!」







いち、に、さん、












だーーーーーー!!!











・・・・って



















5_091024.jpg







・・・・・・。











気を取りなおして。








もう一度!!!!!!!!










いち、に、さん、

















だーーーーーー!!!












6_091024.jpg


うひょっひょーーーーーい!!!







こんどはハトがばたばた飛んでった!!!




ポン太おおはしゃぎ!!!!!(喜




なかなか楽しい土曜日の昼下がりでした♪



-----

やーっぱり動くポン太を撮るのにも、デジイチ欲しいなあ…と思う今日この頃。


買っちゃおうかな!?

ユニクロパリ

今日の午後、出張から帰ってきました。



uniclo.jpg


パリ・オペラ座近く、ギャラリーラファイエットの向かいにできた、ユニクロパリ店。




残念ながら見る時間はなかったけど、かなりの話題になってました。

お値段は日本と同じぐらいお安いのかな?

それともやっぱり輸入で高めなのかな。




---

帰宅すると、3日も留守にしていたからか、ポン太から吠えられました(TT

でも、名前を読んだら「っは!!!」っと私だと気づいて、
ようやくしっぽブンブンのお帰り祭りをしてくれました。

出張が多いので、なかなか切ないです。

ポン太ととーちゃん

ポン太はとーちゃんが大好き。



私が「主たる飼い主なのに




とーちゃんが大好き。




おうちにとーちゃんがいる時、





ポン太のお気に入りのくつろぎボジションは




ソファーに横たわるとーちゃんのお腹の上。


11.jpg

愛らしいわ…



なんてかわええの。



ぴったり脇っちょに挟まっちゃって。



ホントにぬいぐるみちゃんみたい☆



















12.jpg

って、うわあああ!!!!




寝顔もとーちゃんと同じになってるよ!!!!!!!

耳そうじ

ちょっと変態かもしれませんが




私は自分ちの犬や猫の 耳のにおいを嗅ぐのが大好きなんです。




臭いんだけど、かいじゃうんだよなー。



とはいっても、トイプーの耳は垂れ耳なんで、ちゃんと掃除してないと、本当に「クッサ!!!」って事になるんですね。








4_20091020054311.jpg
ポン太の耳掃除の必需品。

こっちはワンの耳掃除っていうとコレを使います。

日本でもこういうの使うのかな??



ジェルっぽい液体を、耳の中にちゅっちゅっと流し込んで、耳をふさぐように閉じて、しばらくもみもみもみ・・・と付け根のあたりをもんでやります。




そんでワンコを自由にすると、ワンコはぷるぷるっと頭を振ります。

そうすると耳の中に注入されたジェルが、耳の汚れと一緒に外に出てくるんですね。

後は出てきたジェルと汚れを軽く拭きとっておしまいっ!!!





これ、すんごい簡単で画期的。
綿棒とかでこちょこちょしないので、耳を間違って傷つける事もないし、ワンも痛かったりしないし。

何より面白いほど汚れが取れます。


そんでハーブのエッセンシャルオイルが配合なので、掃除した後の耳は犬の耳とは思えないほど、さわやかなローズマリーのかほりに。



そしてしばらくして、また「クサッ」ってなってきたら、その臭さを満喫して、これで耳掃除するのです。

むふ。

----
先日、会社の女の子が、ポン太の耳をクンカクンカしていてビックリしました。

そのこは実家で15歳になるラブを飼ってるもんで仔犬の耳なんぞ、赤子のにほひだそうです。

んーーかわいいいーーーこのにおいーーー!!

といってました。

ワンの耳のにおいフェチはフランスにもいるのですね。


つか、ひとんちの犬の耳もかいじゃうあたりはかなりツワモノだわ。

トイレトレーニング

私はずっと猫を飼ってたもので、トイレトレーニングで苦労した事がありませんでした。

なんせ猫は、最初の一匹目を教えてしまえば、それ以降の子は先輩を見習って、勝手に覚えてましたから。

トイレ以外の所で粗相して困るとか・・・あんまり覚えが無いです。




さて、ワンコの場合、猫とは全然違ったのでした。

そう簡単に覚えないし、教えるのにも根気が必要です。


一般的に言われる子犬のトイレトレーニングのセオリーは
(マニュアル好き)


「叱ってはいけません。失敗したら無視。成功したら誉める」



です。


という事で、我が家でも勿論、基本に忠実に実行。




トイレの設置位置
・ケージの中に1個
・部屋に1個(お留守番以外は基本的に室内自由の為)


取りあえず最初この二つからスタート。





起きた時、ご飯の後、遊んだ後など、床をクンクンしたらトイレに運ぶ。

トイレじゃないところで用をし始めたら、たとえ点々と、オシッコの道を作っても、トイレに運ぶ。

そして、1滴でもおトイレで用がたせたら、誉め讃える。



トイレシートの上でおしっこしてる間中、

「おしっこ♪おしっこ♪おしっこ♪」

と、相方と二人揃って、歌って踊って激励する。



おしっこ完了後、


「うわああああああ!

いい子だねええええええ!!!

いい子だねええええええ!!!」




を連発。



チューしまくる。



歌う。



踊る。






こうして毎回漏れなく、おしっこ&んこはぱーりーたいむにしていたら、
一週間足らずで、おしっこ&んこタイムを楽しい一時と認識してくれました。



おしっこ&んこしたくなると、


「ママン、とーちゃん、ちょっと来てくださいよ。」


と呼びに来て、




クンクンしてオカマ座りのオシッコを披露してくれたり、





クルクル回転しながら、ダンシングんこを披露してくれたり。
なんで仔犬ってくるくるしながらんこするんでしょうね?




ちゃんとトイレシートの上でできるようになりました。



今は歌ったり踊ったりしてませんが、普通にトイレでできるようになりました。

一応、トイレでしてる所に出くわしたら、今でも軽めに誉めてますが。




最初のころは、気を引きたい時とか、遊んでもらいたい時に、「しっこのフリ」とかやってました。

呼びに来てトイレにいって、トイレの体制になるんだけど、

オシッコ1滴も出てないし!! とか。




あと悪い事して怒られる!って時に、

トイレにダッシュしてオシッコするフリしたり。



以前は外でしっこも、んこもできませんでした。

散歩に行っても、帰ってきてトイレシートの上に行くまで、我慢しちゃう。


最近は、気分的に散歩にも余裕が出てきたのか?
外でもしっこもんこもするようになりました。


ちょっとワイルドな男になってきました?




papaponta.jpg



----

先日、散歩の後にカメラの中のデータを整理してたら、なんか知らんけど「んこ」の写真が出てきました。


何デスカコレ?って相方に聞いたら、


ポン太が初めて外で「んこ」をできた時に記念に撮ったらしい・・・・・・・・・・・。









いらないからそんな写真(汗

はじめてのトリミング

月曜日はこぐまちゃんはお仕事お休みです。


ポン太の初トリミングに行きました。


生後4か月にして初のトリミングです。


2か月の時にブリーダーさんからうちに来る時に、目の周りだけ顔バリされてたんですけどね。



ところで、こっちでは、あんまりテディーカットしてるトイプードルって見かけません。
こちらのトイプードルは、殆んどいわゆる「プードルカット」です。
顔バリして、しっぽや足をポンポンにしたり。


それはそれで素敵なのですが、私の好みじゃないんだな。


どんなカットにしてもらおうか、色々悩んで、いろんな写真を集めまくって行ってきました。


4か月まで伸ばしっぱなしでしたから、そりゃーもーモッサモサでしたわ。


今朝の写真。

before.jpg

なんか寝ぐせも付いてるし、ボーボーもいいところですね。

ブラッシングしてもドレッドヘアーなラスタ男なままですし。

初トリミングはモナコにあるトリミング屋さん(一軒しかないんだけど・・・)に行ってきました。

とにかく、写真を見せて、あーでもない、こーでもない、細かく注文をつけてきました。




・・・




相方が。




私は、写真のプリントアウトしたのをサクッと渡して、こんな感じで。初トリミングなんで、嫌がるかもしれないんでできる範囲でいいです。


みたいな感じだったのですが、


相方は、微に入り、細に入り・・・。(汗




「高い金払うんだから。しっかりやってもらわないと。」





確かにそうですね。ハイ。

さて、トリミングはだいたい2時間半ぐらいで終わりました。




で、こちら出来上がり。




after.jpg
after2.jpg


モヒにしてきました!!!


テディーベアーがいいとずっと思ってたのですが、わんぱくなポン太には、ちょっとパンクな男の子風のモヒがいいかな?なんて。


お顔周りをもうちょっとまあるくして欲しかったのだけど、顔バリでまだ長さが足りないみたいです。
伸ばしながら少しずつやっていきましょう、とのことでした。


実はコレも、相方がダメだしして、何回かやり直しさせてました。(汗

(頭をもっと尖らせろ!とか。顔周りをもっとふんわりさせろ!とか)


自己主張はしっかりと!のフランス人ならではですが、私一人だったら、「ポン太も長い事我慢してかわいそうだからもういいや」って妥協しちゃってたと思うので、相方に感謝です。


---

明日からこぐまちゃんはパリ出張ですので、ポン太はとーちゃんとお留守番です。

私は出張も多いんで、相方にはホント感謝です。

そうでないとワンコを一人暮らしで飼うのはホント大変だからなあ。

明日からのブログは予約投稿予定です。

社会化学習(散歩編)

今日はとてもいいお天気の日曜日でした。

先週ぐらいまで、まだビーチで海水浴をしている人がいたけれど、
さすがに今週はいませんでした。

水着で寝そべってる人は、昼間はまだ少しいるけど・・・
でも、寒いですから。普通に。





1.jpg
さて、我々はいつものお散歩コースへ、相方と3人で出かけました。


日曜日の午後は犬のお散歩もたくさんです。

いろんなワンコに会えるといいね。







2.jpg
早速出会ったワンコちゃん。 



珍しくお鼻をくっつけて、ごあいさつできてます!!!







3.jpg
と思ったらやっぱり・・・。

嬉しすぎて両手でパンチ連打しちゃうんです。(汗

子犬だからあまりお相手のワンコに怒られなくて、だいたいお相手ワンコはじっと我慢してくれちゃうんですね。

どうすればこのハイテンションを落ち着かせられるんでしょう?(涙

子犬のうちは、まだまだ仕方ないのかなあ?



4.jpg
さて、海沿いの道をお散歩続行。

ここ、モナコでは、この「んこバッグディストリビューター」がゴミ箱と一緒に設置されています。

茶色いンコ回収ビニール袋を市が補充してるんですね。

この街(国)は、フランスではないので、街の清掃だとか、美化だとか、えらい手がこんでます。
通り一本挟んだフランス側と、モナコでは、落ちてるンコの数が違います。ホントに。

フランスはホント、ンコだらけですから。

もちろん私も、フランスではンコを踏んだ回数は数え切れません。(きっぱり

そんな中、モナコは随分クリーンです。それはこのンコバッグディストリビューターが町中にあるからでしょうね。

そんなことしなくたって、自主的にンコバッグを持ち歩く日本の飼い主さん達は、当たり前なんだけど、ちゃんとしてるなあと思います。


有名な冗談ですが、フランスで、散歩させてる犬がンコをして、その飼い主に回収しなさいと言ったら、

「これは私のンコじゃないですから。この犬のンコですから私は拾いません。」

って返ってきたという。 

いやー、ありそうだなーって感じですから。こっちの人達なら。




さて、お散歩は続きます。




5.jpg


次に会ったのは、チワワちゃん。

ポン太は大きい犬が苦手ですが、小さめの犬だとガンガン寄って行きます。




6.jpg
かなり積極果敢に、でもビビリなので、IN and OUTで近寄ってみたり、離れたり。




7.jpg
そんで、ついに嬉しすぎて、いつものジャンピング両手パンチを!!!


このレディーなチワワちゃんにはうざかったようで、

ガルル!

っと怒鳴られました。



8.jpg
一目散におとーさん(カメラを構えてる)の方へ逃げダッシュ。

こうして時々怒ってもらえると、ポン太も学べるのかな?


9.jpg
この後は、初めてワンコに怒鳴られた事がショックだったのか、チワワたんにしつこくすることはありませんでした。

チワワたんのママから

「何この子~~~~!!!超かわいいんですけど~~~~!!」

と写真撮られまくり攻撃を受けてました。




10.jpg
ママがほったらかしでもじゃもじゃの写真ばっかり撮ってる間、チワワたんはむっとしてたそうです。

相方がその瞬間を激写してました(笑


ごめんねチワワたん。また遊んでね。




最初の難関

仔犬を迎えるにあたって、犬を飼った事のないこぐまちゃんは、はりきってインターネットで勉強しまくってました。

多くのサイトで見かけた、子犬を迎えるにあたってのセオリー。



初日が肝心。しつけはおうちに来た日から。
夜はどんなに鳴いてもケージから出してはいけません。





「ほう・・・。ケージか・・・。」



早速サークルやケージを売ってるところを捜索。

ところが、ぜーんぜん無いの。
ペット用品店でも、インターネットでも、殆んど見かける事がありませんでした。

一体どういうこった?と、フランスの犬系サイトを見ると、どうやら犬をケージやサークルで飼うという習慣が殆んど無いみたい。


フォーラムやサイトを見ても、サークルを導入している人は、それこそ「動物虐待者め!」みたいな勢いで袋叩きにあって批判されておりました・・・(汗


こぐまちゃんの相方は、フランス人で犬飼歴も長い人です。
なので、ケージ導入の話をした当初は、やっぱりびっくりされて理解してもらえませんでした。



相方:「なんで家で飼うのに、檻に入れるの!?」 



こぐまちゃん:「お、檻じゃないわよ。ワンコのお部屋なのよ!うちの子はお留守番もしないとだから、留守の間に、どっか隙間に挟まっちゃったり、電気コードかじったり、ベランダからカモメが入ってきて子犬をさらわれたら困るじゃない?」
※カモメがばーさんの連れている子犬をさらっていくという話がホントにあったんです。こっちのカモメ、すごいでかくてすごい凶暴なんです。



こぐまちゃん:「あとさー、ワンはね、テリトリーを守らないとっていう意識があるからさ、テリトリーが広すぎると、ワンのストレスになるんだってよ?」



とかなんとか、サイトで仕入れた情報を説明して、なんとか理解を得ました。



cage

そんなわけで、やっとネットで見つけたケージは1種類しかなくて、日本のケージやサークルのように、素敵なウッディータイプだとか、白いサークルだとか、そんなのなくて、ホントに鉄っぽいかわいげのないケージ。


・・・・・

いよいよポン太が我が家に来た初日。
昼間からケージに入れて、扉は閉めずにすごさせたりして、少し慣らせておいて、



「さあさあ、寝ましょうねー。夜ですよー。」




ポン太をケージに入れ電気を消してケージの置いてあるサロンから寝室へ移動すると







もんのすごい絶叫が。



なんていうか、「きゅーんきゅーん」とか「くんくん」とかじゃなくて、



「ぎぇええぎょぎゃああぎゅぎゅぎゅぎゅぎゅ」

ガシャンガシャンガシャン(ケージをゆする音)




野生の猿が捕獲されて檻の中で暴れてるとしか思えない鳴き声が。。。

あまりのすごさに、これは近所迷惑通り越して
近所から、「動物虐待」で通報されそうな勢いで、
やむなくケージの置いてあるリビングのソファーベッドを作って、ケージは開放して寝ました。


ケージから出ることができたポン太は、すっかり静かにいい子になって、私のソファーベッドのすぐ下の床で、すやすやと安眠していました。



そして2日目、3日目、と同じ試みをしましたが、同じようにやすやすと心が折れるダメ飼い主。



猿のように絶叫して大暴れするポン太。



それでもケージで寝かせなければいけない!!と、断固として育児書に従おうとする、生真面目人間こぐまちゃん。



その教育方針を理解できないけど、なんとか尊重しようと努力してくれる(っていうか私が必死すぎて怖かったんだと思う)相方。



相方と私の間も、育児見解の違いで険悪な状態に(汗



4日目の夜。
またしてもケージ寝にトライさせようとして、ポン太はいつものごとく猿の雄たけび


相方:「なんでケージで寝かせないといけないの?留守番じゃないんだし、人もいるんだし、ケージの外でもいいんじゃないの?」


相方:「ベッドに上げなければいいんじゃないの?」



こぐまちゃん:「だって、だって、要求鳴きを聞いてたら、
わがままな子になっちゃうってかいてあったんだもん!(;△;!!!」



相方:「でも去年死んだうちの犬は、一緒に寝てたけど、わがままじゃなかったよ。
必要な場面ではきちんと言う事きいてたよ。」




確かに、殆んどの場合ケージやサークルを使って無いこの国は有名な犬大国。
ワンコ達はおおむね社会科が進んでるし、いい子だってたくさんいる。
(ダメなのはたいてい飼い主だし。)


マニュアル通りに何もかも進む訳無い。

相手は生き物だよ。



そう思ったら、ここ数日、新生活で緊張してた自分もふわりと楽になりました。



4日目の夜、もうケージで寝かせることはすっぱりあきらめました。


bed
寝室にポン太専用ベッドを置いて、私が寝る時間になるとポン太も一緒に寝室に来て、さっさと自分のベッドに入って寝るようになりました。



ベッドに上げてくれって、不思議なほど言いませんでした。



多分同じ部屋で眠れるだけで、安心でうれしいんだと思います。




最初のころだけ、おトイレを夜の間にあちこちにしていましたが、それも朝に掃除すりゃいいんだし。


一か月もたたないうちに、おトイレの失敗は殆んど無くなりました。
(おトイレのしつけの話はまた今度。)


ポン太も幸せ。
相方も幸せ。
こぐまちゃんも幸せ。


そんならケージで寝れないぐらい、我が家ではヨシとしよう。



そんなわけで、最初の難関は、私が折れる事で幕を閉じました。




マニュアルでがんじがらめになりそうになっていた私には良い経験でした。

いろんな子がいて、いろんな飼い主がいて、うまくやっていける形はそれぞれなんだもんね。

出勤ポン太

土曜日。

仕事です。
今日は割と暇なので、ポン太も連れて一緒に出勤です。



IMG_0103.jpg



スタッフの子達が犬好きなので、出勤する度ちやほやされて、人大好きのポン太も大喜び。
若くて綺麗でやさしい女子たちとキャッキャしてる時には、明らかにままんの存在を忘れてます(汗



若くて綺麗なねーちゃん達がそれぞれの仕事に戻ると、ポン太はままんの足元でお気に入りのおもちゃのあひるちゃんをかじったり、居眠りしたり、私の靴をかじって怒られたり、ガラス越しに見える道行く人を眺めたり。






IMG_0118.jpg
そのうち飽きてくると、机と椅子の隙間からのぞきこんで、ダッコの催促。






IMG_0119.jpg
ぴょんぴょん飛んでみたり、がりがり掻いてみたり。






IMG_0116.jpg
それでも無視されて不貞寝。





連れてきてもずっと遊んであげられるわけじゃないけど、それでも一人でおうちでお留守番よりは楽しいのかな?



---



今週ぐらいからいよいよ肌寒くなってきました。
冬物、長袖を出さないと。

こんな時期なのに今日の午後は蚊が出て刺されました。
しかも指と指の間を・・・。(-_-;;;

お迎え

8月22日。
生後2ヶ月を過ぎて、ブリーダーから受け渡し可能となった子犬を迎えに、パリまで飛行機で行ってきました。

ニースからパリは飛行機で約1時間半。
エールフランスの場合、小動物はキャリーと合わせて6kg以下の場合、機内手荷物と同扱いで追加料金(20Euro/2,500円)を支払えば、機内に一緒に乗る事ができます。
もちろん搭乗中はキャリーの中に入れておかなければいけませんが。

ヨーロッパはワンコ社会なので、どこでもワンコがいます。
バス、電車もキャリー無しで乗車しています。
街の中、レストラン、カフェ等も、特に「ドッグカフェ」なんてありません。
だって、どこでも自然に「ドッグカフェ」だから・・・。
飛行機も人と一緒に乗れる環境が整っているんですね。


さて、いざお迎えとなると、なんだか急に不安になってきました。

そういえば、私、犬を抱っこした事も無いんだけど?!

犬と二人きりで過ごした事無いよ?

飛行機とか乗せて、大丈夫なのかな?

飛行機酔いとかしないのかな?ぎゃんぎゃん鳴いたりしない?

不安で段々自分が吐き気を催す始末・・・。

猫は20年以上にわたって、実家で数匹飼い続けてきたのですが、犬は初めて。
犬の生態、ネットで調べて勉強したけど、実際に犬が来るのが目前に迫ってくると、嬉しいよりも緊張が。

きっとすごく小さいよね?

電車にした方が良かったかな?

相方に行ってもらったほうが良かったかな?(泣

不安すぎて吐きそうになりつつ、一路パリへ。

無事にパリのオルリー空港へ到着し、いよいよ仔犬の受け渡し。

ワンコはブリーダーさんが空港まで車で連れてきてくれています。

助手席に設置されたケージの中から出てきた仔犬は、思いっきり私に向かってしっぽをブンブンしてくれました。
赤ちゃんなのに、何か物怖じしない元気一杯な子、というのが第一印象。

血統書、LOFの書類の手配についての説明、ワクチンの説明、虫下しのお薬の説明を受け、ワンコの健康手帳を受け取り、引渡し完了。

photo2_convert_20091016192406.jpg
空港のラウンジで、ニースに帰る便を待つ間に相方におくってあげようと携帯で撮った最初の一枚。

キャリーから出して椅子の上にちょこんと置いて撮ってみたところ。
イマイチ抱き方もよくわからないし、なんだかはかなげで頼りなさげでした。
それでも私に向かって、ぷんぷん尻尾を振ってくれて、感動。

飛行機の中では、キャリーの中で終始おとなしくおりこうさん。
ニース空港からの小一時間程のバスもおりこうさんでいてくれて、初めての長旅を終えて、これから暮らす我が家に到着しました。


ポン太がやってくるまでのお話

犬を飼うならトイプードルがいいなあ。
そんな風に思ってから、早5年が経っていました。

仕事の都合で2年前にこの国にやってくるまで、日本にいた時から、月に一度は海外出張。
一度出たら1週間は帰ってこれない。
しかも仕事が忙しいと何時に帰れるかわからない。
一人暮らし。
独身。

・・・。

犬を飼うのは到底無理な状況でした。

2年前、南フランスの端っこの、世界で2番目に小さいこの国にやってきてから、仕事が落ち着くまではバタバタの日々でした。
1年半程経って、ようやく仕事も目処が付いてきて、生活も落ち着いてきたのが6月。

相変わらず仕事は忙しいし、出張もある。
独身も変わりないけど、でも今のところは色々と手伝ってくれる相方有り。

犬と暮らそう。
夢のトイプードルを!!

そう思ってから、毎日毎日、犬についての研究が始まりました。
外国暮らしの私にとって、インターネットは犬入門バイブルとなりました。

さて、犬を飼おう!と思って、はたと気づいた事。

この国って、犬飼い人口、めちゃくちゃ高いのに、ペットショップが殆ど無いじゃん。

皆さんどうやって犬を入手しているかと言えば、殆どがブリーダーさんからの購入らしい。
ペットショップもあるにはあるけど、犬の種類はすごく少なかったり、あとは小鳥とかハムスターなんかの取り扱いがメインだったり。

そこで私はまたもやインターネットを駆使して、フランス中のトイプードルブリーダーを探しまくりました。

ところが、日本では人気のレッドやアプリのトイプードル、こちらではあーんまりいないのです。殆どがホワイトかブラック。アプリもうすーいベージュに近い子ばかり・・・。

私はあのクマクマっとしたトイプードルが欲しいのだよ。
レッドかアプリが欲しいのだよ。

そう思って探しても、なかなかトイサイズでアプリorレッドにめぐりあう事ができませんでした。

そんなある日、道端でお散歩中のムチャクチャかわいいトイプードル(ブラック)を発見。
うおーかわいいなあー。 こんぐらいかわいい子でアプリだったらいいなあー。
なんて思ってすれ違いました。

またしばらくすると近所のショッピングモールで再会。
ワンコのあまりの可愛さと、二度も会えちゃったヨロコビに、飼い主さんに思わず声をかけちゃいました。
そうすると彼女、以前に酷いブリーダーさんから買ったトイプが2年足らずでなくなってしまって、
ションボリしていたのだけど、この子を半年前に迎えたのだとか。
この子のブリーダーさんはすごくいいわよ。
と、まさにブリーダー探し中の私にとって、ホットな情報をくれたのでした。
その場で電話番号を交換して、後日その方からブリーダーの連絡先をもらいました。

その後ブリーダーさんと連絡を取って、丁度濃い目のアプリコットの男の子が生まれたとの事。

ponta bbb
生後15日目。

その時に送られてきた、最初の写真がコレ。
おっさんみたいな顔してますが。
なんだかもう可愛いんだかよくわかんないけど(笑

そしてやり取りを進めて、この子を迎える事に決めました。

bb ponta
生後50日目。

なんか、芋虫っぽく草の上を滑り込みしてますが。
生まれたての時よりも、カラーがアプリコットらしくなってきています。

ぐふふ。ぐふふ。早く逢いたい。

そんな思いを胸に、この子を迎えに、ニースからパリまで飛行機で行ってきたのでした。

はじめまして

ponta1510


もうすぐ生後4カ月になろうとしている、トイプードルのポン太と、その飼い主のこぐまちゃんと申します。

犬との生活は初めて。
右も左もわからず、日々、育犬に奮闘中。
小さな毛むくじゃらに翻弄される日々です。

ポン太の成長と日々の出来事を綴っていけたらと思います。

どうぞよろしく!

Pagination

Utility

about us

モナコに暮らすこぐまちゃん一家の日常

こぐまちゃん

Author:こぐまちゃん
+モナコで働くおかーさん
+怒ると時々ひぐまちゃん

ポン太
+トイプードル アプリコット
+優しい男の子
+2009年6月18日生まれ

ぐりこ
+トイプードル ブラウン
+ひょうきんな女の子
+2010年2月14日生まれ

とーちゃん
+こぐまちゃんの旦那さん
+宇宙人なフランス版ムツゴロウ

ムスメちゃん
+こぐま家の新入り娘
+2013年10月18日生まれ

TWITTER

new entries & comments

my favorites blogs

calendar

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

archives

02  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

links

*リンクフリーです。ご自由にどうぞ*

shops

Klein Hirsch*
種類も沢山、着心地がとってもいいです♪

Natural Jack
ポンポン首飾りや小物、可愛いお洋服もあります。ショップ名も新しくなりました♪

cocomc
モナコ発の上質なワンコ服

e-mail

メッセージはこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

serch

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。